XOOPS is a dynamic Object Oriented based open source portal script written in PHP.
ID : Pass : | 新規登録 |
TOP  >  ブログ  >  管理人

管理人 さんの日記

タグクラウド
35件のうち1 - 10件目を表示しています。

[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
7月
31 (日)
カテゴリー  テレビ
録画したドラマをようやく見終えたが、見終えた満足感よりも脱力感が強かった。歴史小説をそのままドラマ化しろとはいわないが、もう少し伏線を張ったり、きちんとした歴史観を持ったドラマにして欲しい。視聴率がかなり低いと言うが、この内容で視聴率が上がるわけがない。…なんて文句を言いながらもこのドラマを見続けている私は、単なる歴史好きなだけ。本当に何の期待も持てなくなっている。この流れだと、石田三成をどこまで貶めたいの?…なんて思えてしまう。...
続きを読む | 閲覧(1034) 
7月
31 (日)
カテゴリー  日常生活
ろいろ思うことがあり、最近できる限り国産品を使うようにしている。特に食べ物。産地表示がきちんとしてあるので国産品を絵給びやすいので、特に念入りに選んでいる。夕食は贖罪宅配業者を利用しているが、ここも産地表示がなされており、安心して利用できている。ところが、それ以外はほとんどなかなか難しい。衣服、電化製品、電子部品…。ほとんどが私がもっとも使いたくない東アジアの帝国産品だ。先日眼鏡を新調しようとしたが、国産品と某国産品との価格差がおよそ3倍。それでも結局国産品を購入した。今後価格差が広がればなかなか継続して行くことは困難かも知れないが、がんばっていこうと思う。この国の国民としての矜持のために。...
続きを読む | 閲覧(1253) 
7月
30 (土)
カテゴリー  日常生活
夜、わんちゃんの散歩をしていたら「ドーン、ドーン」とお腹に響くような音が聞こえてきた。ツイ友から、昨日から花火の場所取りが始まっていると教えていただいており、なるほどと思った。地元の四日市でも浴衣姿の女性がちらほらと見かけられたが、それを見てふと昔のことを思い出してしまった。30年以上も前に1度だけ桑名の花火大会を見に行ったことがある。車をどこに停めたかも憶えていないが、駐車場からずっと花火が見えるところまで歩いて行き、ぽかんと口を開けて最後の花火が打ち上げられるまでずっと花火に見入っていた。この歳になると人が多いところは苦手、蒸し暑いところは苦手、車の運転は苦手と、苦手のオンパレードになってしまい、花火大会に行く気には全くなれない。でも…、一度くらい心を入れ替えて花火を観に行くのも良いか…。それにしても、桑名で打ち上げられている花火の音が、風に乗ってよく聞こえてきた。雨が近い証左か。...
続きを読む | 閲覧(1552) 
7月
29 (金)
カテゴリー 
昨日友人と夕食を共にした。同じ職場にいる高校の同級生だ。普段は仕事の話しかしないのだが、二人で食事するときは高校時代に戻ったように思える。昨日は話題は自然に高校野球の話になり、その後、各々の高校のクラブ活動の話題に変わっていった。部活の帰りに猛烈にお腹が空くと、四日市駅で下車して四日市飯店に寄ったこと。腹がへっていても中華飯とラーメンを注文すると食べきれなかったこと。彼がカレー味の中華飯が食べたいと話したら、後日それがメニューに加わっていたこと。そんな話をしていたら急に四日市飯店の料理が食べたくなり、昼に行ってきた。Twitterでそのことをつぶやいたら、他の方から四日市飯店に行ったものならすぐにわかる言葉が返ってきた。「イーガー」もう亡くなったが、昔務めていた方は注文を聞くと、1つなら「イーガー」、2つなら「リャンガー」と厨房に伝えていた。今でもその言葉がまだ使われていたことにほっとした...

カレー炒飯

もやし炒め
続きを読む | 閲覧(2976) 
7月
28 (木)
カテゴリー  野球
高校野球の地方大会も各地で血漿を迎えつつある。三重大会でも今日、準決勝2試合が行われた。私の母校も昭和42年以来というベスト4進出を果たした。残念ながら伊勢工業相手に先制しながらも逆転されてしまった。もし勝っていれば明日は応援に行こうと思っていただけにとても残念だ。頭の中では、気が早いことに甲子園応援の段取りまで考えていた。今日の教訓…そして、いつも私の頭の片隅から決して離れない教訓。「勝つと思うな、思えば負けよ」そういえば今日の阪神も…(涙)...
続きを読む | 閲覧(1914) 
7月
27 (水)
カテゴリー  日常生活
まるで梅雨に戻ったような天気が続く。 日曜日に庭の草抜きをしたはずなのだが…。 わずか二日後にこんなキノコが…。 まだ完全に開いていないキノコも…。 ふと松本零士の「さるまたけ」を思い出してしまった。 もちろん食用厳禁なのだが。...
続きを読む | 閲覧(991) 
7月
26 (火)
カテゴリー  日常生活
出張で津に行った。昼休みに津駅周辺にいった。10年以上も前によく研修で津に来たが、その頃と比べるとアスト津ができたり、ずいぶんと眺めが変わった。ふと駅前の本屋に入ってみたら…、本屋の雰囲気が10年以上前と変わっていないことにびっくり。18禁のVHSが並んでいたり…、一番驚いたのは副田護の「大反攻!ジェット航空艦隊」の新書版が並んでいたこと。実は10年以上も昔に、この店でこの本を買うかどうかでとても迷ったのだが、その本がいまだにこの店に残っていたとは驚きだった。この店の方はこの本が10年以上も売れずにいることに気づいているのだろうかと心配にもなった。...
続きを読む | 閲覧(788) 
7月
25 (月)
カテゴリー  音楽
ドラマの内容とは全く関係はないが、この夏ドラの「アリアドネの弾丸」の中で、面白い会話があった。愁訴外来の田口とAI技術者の友野の会話だった。田口がクラシック音楽を聴いていた友野に対して「モーツァルトの曲は最高ですね」と話しかけたところ、友野は「これはショスタコーヴィチ。政治的な圧力のなかで創作活動すらままならなかったショスコと、気楽な環境で才能を発揮したアマデウスを間違えられたくない」と言い返す。たわいのない会話なのだが、私は思わずなるほどと思ってしまった。これが海堂尊の音楽観なのかも知れない。あふれる才能をもって何の苦労もなく次々と作り出される音楽…といっては言い過ぎなのだが…には深みはないが、苦しみながら作り出された音楽には深みがある。私はクラシック音楽が好きなのだが、嗜好はとても偏りがある。一般的に人気のあるバッハやモーツァルトには全く興味を持てない。これらの音楽は例えていうならとて...
続きを読む | 閲覧(3589) 
7月
24 (日)
カテゴリー  テレビ
豊臣秀次粛清の件、安っぽいまとめ方になった。この事件は本来二段に分けて語られるべきものだ。関白の職を解いて高野山に追放までが一段。さらにその後切腹させ、さらにその一族が処刑されるまでで一段。秀次を出家させてさらに切腹を命じたという単純なものではない。…ドラマの中では出家を命じられたあとで石田三成が江に対して、今後切腹する予定だと語るシーンがあったがそんなものは当時としてもあり得ない。どうもこのドラマ、時代考証が不安定である。秀吉が身内に対して出家を迫り、さらに切腹させたという一連の経緯がトヨトミ政権に与えたダメージは計り知れない。そのあたりはきちんと掘り下げて描かなければならないと思う。仮にも100万石の大名が消滅したのだから、当然社会不安も出てくるはずなのだが…。あまりに浅井さん姉妹に拘りすぎていて歴史の本流を見逃しているように思えてならない。...
続きを読む | 閲覧(1643) 
7月
23 (土)
カテゴリー  日常生活
庭先に玉虫の羽が落ちていた。数年前から夏になると必ず1回は落ちている。20年ほど前に1度だけ生きている玉虫を見ることが出来たがそれっきりだ。私がこどもの頃には自宅近くに広い森があり、そこにクワガタなんかもいた。しかし、そんな中で玉虫を見たことは全くなかった。今はその森もほとんど木が伐採され、自然環境としてはどんどんと悪化している。そんな状況のなかで玉虫を見ることが出来るようになったというのはとても不思議だ。不思議といえば、いつも落ちている羽は1匹分。複数匹確認したことはない。出来れば次回は生きている玉虫に会いたいものだ。...
続きを読む | 閲覧(2551) 
35件のうち1 - 10件目を表示しています。

 
カレンダー
カテゴリー
月表示
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project | Design by PAGE design lab.
ページの先頭へ移動