XOOPS is a dynamic Object Oriented based open source portal script written in PHP.
ID : Pass : | 新規登録 |
TOP  >  ブログ  >  管理人  >  映画

管理人 さんの日記

タグクラウド
3件のうち1 - 3件目を表示しています。

[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
12月
30 (金)
カテゴリー  映画
今年観た映画の中で最悪の駄作だと思う。他にもB級映画を観たが、それはあくもあでもB級映画レベルの話である。歴史上の人物、山本五十六をどのように捉え、どのように描こうとしていたのかが全くわからない。「人間・山本五十六」を描くには描き足らない。「軍神・山本五十六」を描くにはやや生臭い。「凡将・山本五十六」を描くには美化しすぎている。結局とらえどころのない中途半端な山本五十六を描いただけなのだ。私は山本五十六を名将だとは思っていない。軍政家としては見識もあり、存在感もあった。そのまま海軍省に留まっていればもっと存在意義を高めていたと思う。しかし、軍人としての彼は中途半端な存在だったと思う。講和の条件を整えるために戦う、と言いつつも明確な戦略を立てることなく消耗を重ねた。それは日露戦争の折りに彼我の戦力を冷静に分析し、自分たちの攻勢限界点を見極めた上で、講和を模索した政府及び軍上層部の比較対象にな...
続きを読む | 閲覧(5070) 
12月
5 (月)
カテゴリー  映画
給食を食べながら、同僚の土曜日に観てきた映画の話をした。、私よりもずいぶんと若い彼は、夫婦で「RAILWAYS」を観に行くか、「タンタンの冒険」を観るか、「アントキノイノチ」を「観に行くかで迷っていた。「アントキノイノチ」は確かさだまさしが原作だったので、「眉山」の原作者と同じと話したら、彼も「眉山」を夫婦で観たとのこと。松嶋菜々子が大好きな私だが、この映画では菜々子姫そっちのこで宮本信子がに惹かれた。そんな話をしたら、彼自身は十分感動したのだが、彼の奥さんは、「不倫の映画」との印象だったという。実は「RAILWAYS」の中で、主役の三浦友和が高校時代につきあっていた仁科亜希子と映画を観にに行った時にけんかをし、それがきっかけで二人は別れたとのことだったが、けんかの理由が二人で観た「卒業」の評価の違いだったとか。仁科亜希子は女性の正直な思いに感銘を受けたのだが、三浦友和は「略奪愛の映画」と...
続きを読む | 閲覧(2788) 
12月
3 (土)
カテゴリー  映画
中井貴一が出演していた前作に感動したので、第二作のこの映画を観てきた。一般的には二作目は質が落ちると言われるが、言い映画だったと思う。前作を凌ぐ良い映画だったと思う。前作に比べ、私のような世代のものにはいろいろと考えさせられることが多かった。定年前の男性が、定年後の自分の人生を家族と共にどのように捉えるのか。私も、年金の支給年齢引き上げなど不確定な要素は多いものの、あと十数年も経ずして第二の人生を迎えることになる。作中で米倉斉加年演じる主人公の元上司が、「定年後の人生は思っているよりもずっと長い」と話すシーンがあった。65歳定年として、その後自分に残された健康で自由な時間はおよそ10年と思っている。でも、その10年は今まで働いてきた40数年よりも長く、重く、貴重な時間なのかも知れない。だからこそ、今まで置き去りにしてきた夢などを一つ一つ思い出し、かみしめながら生きていきたい。そんな思いも、...
続きを読む | 閲覧(3893) 
3件のうち1 - 3件目を表示しています。

 
カレンダー
カテゴリー
月表示
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project | Design by PAGE design lab.
ページの先頭へ移動