XOOPS is a dynamic Object Oriented based open source portal script written in PHP.
ID : Pass : | 新規登録 |
TOP  >  ブログ  >  管理人

管理人 さんの日記

タグクラウド
16件のうち1 - 10件目を表示しています。

[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2月
28 (月)
カテゴリー  日常生活
私はこどもたちに自分の一生を支える資格を取りなさい、と言い続けてきた。 長女は一度挫折はしたものの、一昨年から資格取得を目指してがんばっている。そして昨日、国家資格を受験した。結果はまだわからないが、彼女なりにこのところ懸命に勉強していた。ずっと勉強してきた分、これからしばらくは思いっきり弛緩した生活をするんだろうなぁ。 仕事が始まるまでのほんの短い期間ではあるが、ちょっと学生気分を味わって欲しいものだ。 [関連ページ:つぶやき「娘のお土産」]  ...
続きを読む | 閲覧(1849) 
2月
28 (月)
カテゴリー  日常生活
夕方、わんちゃんと海岸を散歩していたら不思議な光景が…。 まるで空飛ぶ船…ですよね。 「つぶやき」の方にも投稿しましたが、携帯のカメラは画素数が低い上にズーム機能もないので普通のデジカメで撮影し直しました。...
続きを読む | 閲覧(2166) 
2月
27 (日)
カテゴリー  テレビ
今日の「江」、なかなか歴史の表舞台では取り上げられない柴田勝家の北ノ庄城時代を取り上げていました。なかなか興味深かった。でも、お城が立派すぎたような気も…。実は私…この辺りのことは全く知りません(汗)。お市の方と勝家が過ごした期間なんて短いですし。柴田勝家と言えば勇将、猛将という印象。「瓶割り柴田」なんてその最たる例です。ところが大地康雄演じる勝家、今まで私が思い込んできた勝家像とは全く違います。優しすぎるのですよね。確かに主筋に当たるお市の方に遠慮する気持ちはわかりますが、小姓たちに対してもずいぶんと優しいです。本当ならお江が行方不明になった時点でお手討ちでしょう?…まあ、そのあたりはずいぶんと現代風にアレンジされていますね。信長や秀吉の話が戦国時代の王道だとすると勝家の北ノ庄城時代の話は完全にサイドストーリーです。でも、なかなかいい話でした。東海地方が誇る三英傑、実は私はどれもそんなに...
続きを読む | 閲覧(2764) 
2月
26 (土)
カテゴリー  日常生活
今日は次男の誕生日だった。高三の次男は昨年末にようやくクラブを引退し、今は自動車学校に通っている。ただし、今日が誕生日のために仮免受検には至っていない。 さて、その次男に勤務中の妻から「おめでとう」メールが届く。彼にはうれしかったようだ。 その後妻から私にケーキを買っておいて欲しいとのお願いメール。 先週、彼のためにスーツを買ったが、それが彼への誕生日プレゼントになるのかな。 さらに、夕食は長女のためにちらし寿司。本来ならひな祭りの日に食するのだが、平日は私の帰宅が遅いのでそれも今日食することとなった。 2月は二男、三男の誕生日が最後の1週間に集中し、さらにひな祭り。なかなかこの季節は行事が集中して大変だ。 ちなみに3月1日は次男の高校の卒業式。その数日後には長女の学校の卒業式。まだまだ行事は続く。...
続きを読む | 閲覧(1886) 
2月
25 (金)
カテゴリー  読書
  先週から始まったドラマ「四十九日のレシピ」、読み切りました。 横山信義以外の作品を読み切ったのは久しぶりのように思います。 久々に一気に読み切りました。 市川拓司の「いま、会いにゆきます」をもっと丁寧に優しく書き上げた作品です。 作者の伊吹有喜さんって四日市出身で、なんと私の後輩らしいです。…全く面識がないのに先輩面するななんて怒られそうですが…(笑) 決して小難しい内容ではありません。でも、読み終えるとほっとする作品です。 ...
続きを読む | 閲覧(2720) 
2月
25 (金)
カテゴリー  テレビ
仲間由紀恵が悪女を演じる、ということが話題になっているドラマだ。第1話の途中で自分には合わないと思ってしばらく放置してあったが、思い直して録りだめしたものを見始めた。このドロドロ感がたまらない!渡部篤郎の表情の変化がたまらない!仲間由紀恵の氷の微笑がたまらない!この手の話は好きではなかったはずなのだが、ずるずると引き込まれてしまった。たった1つ不満が…。檀れい…。「八日目の蝉」といい、このドラマといい自意識過剰の演技が鼻につく。今週のヒステリックな演技は地が出ているだけでとても演技とは思えなかった。とにかく周囲とのバランスが取れない演技だ。しかもあのきたない歯。喫煙の習慣を思わせる。「感染列島」のときは清楚な人という良いイメージを持っていたのだが。いよいよ次回から仲間由紀恵への反撃が始まるらしい。高知東生の珍しく「いい人」役もなかなか似合って楽しみである。...
続きを読む | 閲覧(2496) 
2月
24 (木)
カテゴリー 
ここ数日、腰の痛みがひどかったので朝から病院に行ってきました。注射一本で痛みを取ってくれるので半年に1回くらい受診します。さて、帰宅後に昼食を作るのが億劫になったので、この辺りでは評判のいいとんこつラーメンの店に行ってきました。今まで何回か訪れたのですが、それなりに美味しいと感じていた店です。ところが、今日は入店すると強い臭みが店内に満ちていました。とんこつスープの臭いかな、と思いながら席に着きました。カウンター席にだったので厨房の匂いがよくわかりました。この臭いは豚肉を水で茹でたときに出る臭いのようだったのです。処理の仕方が素人並みなのでしょうか。チャーシューもいつもよりも臭みが強かったですし、スープにもその臭みが出ていました。私の味覚がおかしい?それともこれが本当のとんこつラーメン?名古屋の「一風堂」ではこんな経験ありませんし…。まあ、元々味覚に難ありですから(汗)…。つまらない戯言、...
続きを読む | 閲覧(2287) 
2月
20 (日)
カテゴリー  テレビ
秀吉の野望今週の「江」、いよいよ秀吉の野望がむき出しになってきた。歴代の大河ドラマでもこのあたりの表現にブレはない。つまり、大河ドラマにおいて彼を高潔な英雄として捉えることはないということである。私の知っている限りでも今まで大河ドラマで秀吉を演じていたのは火野正平(「国盗り物語」)、緒形拳(「黄金の日々」)、笹野高史(「天地人」)…。いずれもとても癖のある演者である。今回の岸谷五朗もなかなか熱演である。私は豊臣秀吉を歴史的偉人とは思うが世間一般で言うような英雄とは思わない。若かった頃の一時期を除き、彼は投機的な戦争をしたことはない。金ヶ崎の戦いにおける撤退戦がその最後だったのだと思っている。彼は戦略的に勝てる状況を作ってから戦術レベルの戦争を行う。三木の干殺し・鳥取城の飢え殺し・高松城の水攻めはいずれもそれを具現化したもだと思う。最後の大ばくちと言われる「中国大返し」にしてもロジスティック...
コメントあり 2  |  続きを読む | 閲覧(3309) 
2月
19 (土)
カテゴリー  日常生活
私は近眼のため視力の矯正が必要である。高校生の頃からずっと眼鏡を使っていたが、二十代後半になってからコンタクトレンズを使うようになった。コンタクトは目が疲れやすくはなるが、眼鏡のような死角もないし、体を動かしてもずれない。何より、寒い日に外から家に入っても視界が曇ることもなければ、鍋やラーメンも視界を気にせずに食べることが出来る。とにかく眼鏡に比べて便利だったのだ。ところが四十代後半になって老眼が入ってくるとコンタクトも不便に感じるようになってきた。夜に働くようになって中・遠距離が見えづらくなってきたのでコンタクトレンズの度数を上げたところ余計に近くが見えなくなってきたのだ。老眼鏡で矯正すると時々気分が悪くなったりする。特に最近書類仕事が多くなったので不便を感じまくるようになり、とうとう眼鏡をかけて出勤すること多くなってきた。眼鏡だと外せば近くの文字が見えるからだ。しかし、マスクをすると曇...
コメントあり 3  |  続きを読む | 閲覧(3416) 
2月
16 (水)
カテゴリー  テレビ
今夜からNHKで「四十九日のレシピ」の放送が始まった。出演者を見て何気なく録画予約をしたが…。いい!絶対にいいッス!徳永えりが無茶苦茶いい!「ブラッディマンデイ」や「うた魂♪」に出ていたときもよかったけど、今回のはっちゃけた演技はいいねぇ。何より原作がいいのだろう。読んでみたい…、でも…、読んでない本がちょっとたまってきているし…(涙)...
続きを読む | 閲覧(3072) 
16件のうち1 - 10件目を表示しています。

 
カレンダー
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728
カテゴリー
月表示
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project | Design by PAGE design lab.
ページの先頭へ移動