XOOPS is a dynamic Object Oriented based open source portal script written in PHP.
ID : Pass : | 新規登録 |
TOP  >  ブログ  >  管理人  >  日常生活

管理人 さんの日記

タグクラウド
13件のうち1 - 10件目を表示しています。

[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
1月
30 (月)
カテゴリー  日常生活
寒い日が続いている。こう寒いと、愛車のスクーターの燃費もどんどんと落ちてくる。夏にはリッター40kmを軽く越えることもあるのに、この冬はとうとう30kmを割ってしまった。それでも、この季節にはリッター6kmを割り込む四輪よりは経済的か…。あと1ケ月は低燃費に我慢しなければならないのだろう…^_^;...
続きを読む | 閲覧(1829) 
1月
27 (金)
カテゴリー  日常生活
今夜は仕事を終えて帰宅してからうきうきしている。明日は高校時代のクラブの後輩と30年ぶりに会うことになっているからだ。女性ではないのだが、自分にとって輝いていた時代を共に過ごした仲間と会えるのは、それだけでとても嬉しい。食べログをながめて、明日の昼食をどこで食べようかいろいろと迷っている。まるでデート前日の高校生の感覚。不思議だ。...
続きを読む | 閲覧(2244) 
1月
21 (土)
カテゴリー  日常生活
パソコン歴約30年。最初はFM-7が約5年。次にPC9801シリーズ10年。さらにWindowsで14年。パソコン歴のおよそ半分をWindowsと付き合ってきた。未完成のOSだの芸術的OSだのと悪態をつきながらも、自作機に取り憑かれてからはインストールの簡便なところから腐れ縁だ。iPodやiPhoneをさわり始めてもメインはWindowsだった。ところが…Appleによろめいてしまった。Mac miniというエントリーモデルでメインマシンになることはないだろうが、メディアサーバーとしてこれから動いてくれることになるだろう。Windowsの時もそうだったが、Macも全くマニュアルを見ることなく触っている。マニュアルを読むのが面倒なのと、読解力が完全に欠如しているからだ。GUIというのはありがたいのやら、迷惑なのやら…。...
続きを読む | 閲覧(2108) 
1月
20 (金)
カテゴリー  日常生活
今日は冷たい雨が降ったり止んだり…。こんな雨の日には20年前の高校サッカー準決勝の試合を思い出す。国立競技場で行われた、四中工−国見の試合だった。冷たい雨に打たれながら、傘も差さずに試合の行方を見守った。応援したのではなく、まさに見守っていた。声を上げることも出来ない攻防戦を凍えながらもずっとスタンドで観戦していた。ポケットに入れた缶コーヒーだけがわずかに暖を取る術だった。試合は互いに無得点のままPK戦。そのPK戦も5-4で辛勝。薄氷を踏む思いでの勝利とはまさにこんなものなのだろう。勝利を決めた瞬間、涙雨が歓喜の涙となった、と後日私はどこかの原稿に書いたことをかすかに憶えている。こんな冬の雨の日には、冷え切ってた自分の体とのことと同時にあの試合のことを思い出してしまう。...
続きを読む | 閲覧(1898) 
1月
19 (木)
カテゴリー  日常生活
私はこの季節になるとマスクは欠かせない。風邪の予防、花粉症の予防…。誰もが知っているように、マスクほど鬱陶しいものはない。特に眼鏡族の私にはとても鬱陶しい。今朝、わんちゃんたちの散歩の時に、湿度が高いこともあって眼鏡の曇りが激しかった。仕方なく眼鏡をポケットに入れて散歩をしていたのだが、ふとポケットに手を突っ込んだらポケットの中にあったはずの眼鏡が…ない…。散歩のコースを引き返しても、何せ眼鏡を外しているので何も見えない…。当然見つからない…。二往復しても見つからなかったので、自宅に帰り、予備の眼鏡をかけてもう一度探しに行ったのだが、結局見つからなかった。職場ではコンタクトレンズで過ごしているので不便はないのだが…。眼鏡もコンタクトも要らない生活を取り戻すことが出来たら…いいなぁ。...
続きを読む | 閲覧(1436) 
1月
18 (水)
カテゴリー  日常生活
私は最近落語にはまっている。快楽亭ブラックに始まり、立川流の落語に見事にはまってしまった。特に立川志の輔と立川談笑が面白くて、面白くて…。いわゆる立川流四天王の中の二人だ。立川志らくや立川文春も聞き応えはある。特に、文春の古典落語は滔々と大河が流れるが如き雄大なスケールの噺作りだ。志の輔の「歓喜の歌」や「メルシー雛祭り」の人情話は笑いの中に心に染みる噺だ。映画版の「歓喜の歌」も本当に心に染みる話だったが、落語の方も本当によくできた創作落語だ。談笑は軽妙な噺の中から様々な笑いが出てくる。腹の底からの笑い、下卑な笑い、吹き出すような笑い。これぞ大衆芸能という落語作りが上手い。特に「イラサリマケー」は私の中で突出した面白さだ。残念ながら立川流の落語はこの地方で見ることは出来ない。わずかに立川流を破門になった快楽亭ブラック師匠と雷門獅篭が大須演芸場に出演するだけだ。それが、とても残念だ。...
続きを読む | 閲覧(1289) 
1月
15 (日)
カテゴリー  日常生活
人はパンなくして生きていけない…とは古からよく使われる言葉。しかし、同時にパンさえあれば生きていけるというわけでもない。先日、先輩が来たるべき大幅減俸を見越し、いつ退職するのが経済的にそんをしないのかを真剣に考えてしまう、と先輩が話していた。その先輩は決して無気力でもなければ、財テクに励んでいるわけでもない。まじめに、丁寧に仕事に穴を開けることなく30年以上も現場で働いてこられた、経験豊富の貴重なベテランが、そんなことを口にすることに少し驚いた。世間並みに私の職場も大幅な給与カットを余儀なくされている。給与カット自体は受け入れるしかない。しかし、痛みが伴う改革という表現で「痛み」を強調しながら、その改革を担う人たちが身を切らないのでは格好がつかないし、現に痛みを感じざるを得ないわれわれもすんなりと痛みを受け入れる気持ちにもならない。私は給料がもらえるからというだけで今の仕事をしているわけで...
続きを読む | 閲覧(1063) 
1月
13 (金)
カテゴリー  日常生活
昨晩、マスクをせずに寝てしまったので、朝からのどが少し痛かった。その後、うがいしたり、マスクをきちんとしたりとケアをしたのでそれ以上悪化することなく治まった。空気がずっと乾燥しているので気をつけないとすぐに風邪をひきそうだ。わが家ではすでに三男がインフルエンザで療養中。しっかりと健康管理をしていかないと仕事に大穴を開けかねない。取りあえず…今晩はマスクをして寝なければ…。...
続きを読む | 閲覧(907) 
1月
8 (日)
カテゴリー  日常生活
今年になって食べログの情報操作が話題になっている。私は食べログを参考にしている派だ。自分の行く地域にどのような店があるのか、自分が食べたい料理をどんな店が提供しているのか…。本当によく利用している。ただ、食べログのデータを金科玉条のようには思っていない。味付けには個人の好みがあるのだから、その評価が必ずしも自分の腑に落ちるわけではない。また、個人の思い入れでとても高い点数がつくこともあることは承知しているし、そんなこともあって当然なのだ。同時に、有名な高級店には厳しい視線、厳しい評価がつくのも当然のことだと思っている。高級な店は美味しくて当然なのだから、点数をつける時も満点からの減点方式になりがちだ。情報リテラシーなんて今さら取り上げる言葉ではないのだが、食べログは盲目的に信じずに利用すれば、本当に用途は広いと思う。...
続きを読む | 閲覧(1050) 
1月
4 (水)
カテゴリー  日常生活
出勤時のこと、寒い、寒いと思っていたら雪が降ってきた。あわててスクータから四輪に乗り換えて出勤した。職場も冷え切った状態だった。年末に面倒だったのでストーブに給油せずに帰ってきたのが大失敗。凍えながら、まずストーブに給油する羽目になってしまった。寒い寒い一日、何とか乗り切ったが、今なお雪は降っている。明日は一体どうなるのだろうか。...
続きを読む | 閲覧(1140) 
13件のうち1 - 10件目を表示しています。

 
カレンダー
カテゴリー
月表示
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project | Design by PAGE design lab.
ページの先頭へ移動