XOOPS is a dynamic Object Oriented based open source portal script written in PHP.
ID : Pass : | 新規登録 |
TOP  >  ブログ  >  テレビ

日記一覧

タグクラウド  
共有カテゴリー記事の抽出
当サイトに登録されている日記一覧
89件のうち1 - 10件目を表示しています。


[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
2月
8 (火)
カテゴリー  テレビ
1〜3月期の連ドラには心理学捜査を題材にしたものが多い。最近は刑事ドラマが多く放映されている。以前のような熱血もの、人情ものよりも人間の心のひだを解きほぐすような知的な内容が多い。それが今の世情に合致しているのか。オールドタイプの私には「LADY 〜最後の犯罪プロファイル〜」はややグロテスクで耐え難い部分がある。さらに死刑囚が微妙に操作に関与するところなどは米倉涼子が出演していた「交渉人」に酷似している。「CONTROL 〜犯罪心理捜査〜」は松下奈緒と藤木直人の組み合わせがユニークだし、それ以外のキャスティングもなかなかいい。ストーリーも私が大嫌いな原田泰造なんかが出てきても耐えられるレベルに仕上がっている。ありがたいことだ。もうひとつ船越英一郎の出演している「ホンボシ〜心理特捜事件簿〜」は、さすがに週に3本も同じようなものを見るのは勘弁して欲しいので、初回のみ...
コメントあり 7  |  続きを読む |  閲覧(3888)
2月
20 (日)
カテゴリー  テレビ
秀吉の野望今週の「江」、いよいよ秀吉の野望がむき出しになってきた。歴代の大河ドラマでもこのあたりの表現にブレはない。つまり、大河ドラマにおいて彼を高潔な英雄として捉えることはないということである。私の知っている限りでも今まで大河ドラマで秀吉を演じていたのは火野正平(「国盗り物語」)、緒形拳(「黄金の日々」)、笹野高史(「天地人」)…。いずれもとても癖のある演者である。今回の岸谷五朗もなかなか熱演である。私は豊臣秀吉を歴史的偉人とは思うが世間一般で言うような英雄とは思わない。若かった頃の一時期を除き、彼は投機的な戦争をしたことはない。金ヶ崎の戦いにおける撤退戦がその最後だったのだと思っている。彼は戦略的に勝てる状況を作ってから戦術レベルの戦争を行う。三木の干殺し・鳥取城の飢え殺し・高松城の水攻めはいずれもそれを具現化したもだと思う。最後の大ばくちと言われる「中国大返し」にしてもロジスティック...
コメントあり 2  |  続きを読む |  閲覧(3698)
5月
25 (金)
カテゴリー  テレビ
春ドラで毎週楽しみにしているのが「カエルの王女さま」。毎回、メンバーでいろんな曲を披露してくれるのがとても楽しみ。今週の放送で一番気に入ったのがシュガーのウエディングベル。学生時代の宴会芸だったような…^_^;メンバーの一人が亡くなったので再結成は不可能だが、本当にこのグループの曲は好きだった。最近、シュガーのアルバムが再発売されているが、私が一番好きだった曲は未だ販売されていないのは残念だ。ウエ〜ディングベ〜ル♪久々に聴いてみたい♪…ちなみに片瀬那奈の「くたばっちまえ、アーメン」は一人で大爆笑でした。...
続きを読む |  閲覧(3508)
6月
22 (金)
カテゴリー  テレビ
今年の春ドラの中で気に入ってた番組はほとんどが不人気番組だった。放送打ち切りになった「家族のうた」、意外に伸びない「パパドル!」、そして「カエルの王女さま」。いずれも平均視聴率が10%に満たないドラマだ。…もっとも、楽しみにしていたドラマで10%を越えていたのは「ハンチョウ」と「リーガル・ハイ」だけだったが…。その中でも特に気に入っていたのが天海祐希主演の「カエルの王女さま」だった。毎回様々なアレンジで懐かしい歌を紹介してくれていたからだ。今回はチャゲアスの「YAH YAH YAH」が流れてきてぶったまげた。いつも思うのだが、彼女たちの振り付けといい歌といい、本当に楽しめた。見始めた頃は石田ゆり子が出ているだけで幸せになれたのだが、最終話では音楽の質も含めて満足できた。たぶん…続編はないだろうが、毎回音楽を楽しめるようなドラマが出てくることを期待したい。勤務の関係で、決してこれらのドラマを...
続きを読む |  閲覧(3452)
2月
16 (水)
カテゴリー  テレビ
今夜からNHKで「四十九日のレシピ」の放送が始まった。出演者を見て何気なく録画予約をしたが…。いい!絶対にいいッス!徳永えりが無茶苦茶いい!「ブラッディマンデイ」や「うた魂♪」に出ていたときもよかったけど、今回のはっちゃけた演技はいいねぇ。何より原作がいいのだろう。読んでみたい…、でも…、読んでない本がちょっとたまってきているし…(涙)...
続きを読む |  閲覧(3207)
4月
11 (月)
カテゴリー  テレビ
今年の大河ドラマ、相変わらず低調に感じる。先週、北野誠がラジオ番組で酷評していたが、本当にその通りだと思う。ただ、彼の場合そのコメントが元で再び無期限活動停止…なんてことだけは勘弁していただきたいが…。その中でも光を放つ人物もいる。以前にも触れたことがあるかも知れないが、千利休を演じる石坂浩二のしれっとした関西弁はなかなかおさまりが良く、歴史上の利休がそのまま現れたのではないかと思ってしまうほどだ。時々見せる他人の腹を見透かしたような表情がやがて秀吉に疎んじられるようになるのであろうが、その辺りまでもきちんと踏まえた上での演技なのだろうからすごいの一言しかない。今日の番組ないで一番存在感を感じたのが大竹しのぶ演じるねねである。おそらくねねはもっとべたべたの名古屋弁を話していたのではないかと思われるが、そのあたりを除くとこれも本当に存在感がある。正直に話せば私は大竹しのぶは好きではない。バラ...
続きを読む |  閲覧(3121)
2月
27 (日)
カテゴリー  テレビ
今日の「江」、なかなか歴史の表舞台では取り上げられない柴田勝家の北ノ庄城時代を取り上げていました。なかなか興味深かった。でも、お城が立派すぎたような気も…。実は私…この辺りのことは全く知りません(汗)。お市の方と勝家が過ごした期間なんて短いですし。柴田勝家と言えば勇将、猛将という印象。「瓶割り柴田」なんてその最たる例です。ところが大地康雄演じる勝家、今まで私が思い込んできた勝家像とは全く違います。優しすぎるのですよね。確かに主筋に当たるお市の方に遠慮する気持ちはわかりますが、小姓たちに対してもずいぶんと優しいです。本当ならお江が行方不明になった時点でお手討ちでしょう?…まあ、そのあたりはずいぶんと現代風にアレンジされていますね。信長や秀吉の話が戦国時代の王道だとすると勝家の北ノ庄城時代の話は完全にサイドストーリーです。でも、なかなかいい話でした。東海地方が誇る三英傑、実は私はどれもそんなに...
続きを読む |  閲覧(2882)
1月
23 (月)
カテゴリー  テレビ
今年の大河ドラマは「平清盛」だ。私が小学生の頃に仲代達矢主演で「新・平家物語」が放映されていたが、平家をメインに取り上げるのはそれ以来らしい。当時の「穢れ」観や武士に対する蔑視が上手に表現されていて、実に興味深い。昨年の「江」の苛つくような安っぽさがないのはとてもよい。そのあたりは中井貴一がの存在感に負うところが大きいと思う。平安末期はあまり得意ではないが、この一年しっかりと勉強させていただこうと思っている。ところで、兵庫県知事の言っていること、さっぱりわからん。虚構でもいいから画面をきれいにしろというのだろうか。歴史をできる限り忠実に再現しようとしているこのドラマの心意気がわからない、視野の狭い知事は…。でも、兵庫県って私の魂の置き場所じゃん。もっとしっかりした人が知事をやってくれんだろうか。…たとえば球児とか、新井さんとか…。...
続きを読む |  閲覧(2719)
5月
29 (日)
カテゴリー  テレビ
本当にこれは大河ドラマか…と思ってしまうほど、最近の「江」はラブストーリー化している。大河ドラマと言えば政争、戦争が物語の中核をなしていることが多いだけに今年はやや拍子抜けしてしまう。今日の話は聚楽第が完成した頃ということだから秀吉はすでに50歳。そのわりに秀吉はずいぶんと若いなぁ、と思ってしまうほどメイクが若い。どうも今年の大河は時代考証が甘い。…なんて文句を言いながらも結局最初から最後まで見てしまう私…。矛盾している(汗)...
続きを読む |  閲覧(2698)
2月
25 (金)
カテゴリー  テレビ
仲間由紀恵が悪女を演じる、ということが話題になっているドラマだ。第1話の途中で自分には合わないと思ってしばらく放置してあったが、思い直して録りだめしたものを見始めた。このドロドロ感がたまらない!渡部篤郎の表情の変化がたまらない!仲間由紀恵の氷の微笑がたまらない!この手の話は好きではなかったはずなのだが、ずるずると引き込まれてしまった。たった1つ不満が…。檀れい…。「八日目の蝉」といい、このドラマといい自意識過剰の演技が鼻につく。今週のヒステリックな演技は地が出ているだけでとても演技とは思えなかった。とにかく周囲とのバランスが取れない演技だ。しかもあのきたない歯。喫煙の習慣を思わせる。「感染列島」のときは清楚な人という良いイメージを持っていたのだが。いよいよ次回から仲間由紀恵への反撃が始まるらしい。高知東生の珍しく「いい人」役もなかなか似合って楽しみである。...
続きを読む |  閲覧(2622)
89件のうち1 - 10件目を表示しています。



カレンダー
«前の月次の月»
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
カテゴリー
月表示
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project | Design by PAGE design lab.
ページの先頭へ移動
Notice [PHP]: Undefined index: cid in file /home/fukubei/fukubei.jp/xoops_trust_path/modules/d3diary/main/diarylist.php line 454