甲子園球場では7回裏の阪神の攻撃の前にファンファーレに合わせてジェット風船を飛ばすという神聖な儀式がある。7回表が始まると、阪神ファンは色とりどりのジェット風船を膨らましはじめる。中には空気を入れすぎたりして破裂させる人もいるが、それらも含めて恒例の儀式だ。甲子園の野球中継で7回表に時々パン!という破裂音が聞こえるが、それはジェット風船が破裂した音だ。 さて、今日の試合でも7回になると一斉にジェット風船を膨らましはじめた。阪神の投手は筒井…、まあ、いつもどおりならあっさりと3人で片付けてくれるでしょうという期待があったのは確かだ。ところが…その筒井が打ち込まれ、満塁のピンチを作ってしまった。この辺りから球場には不穏な空気が流れはじめた。野球中継でも解説者たちが口々に投手交代を叫び、球場でもファンたちは「交代した方...
ID : Pass : | 新規登録 |
TOP  >  ブログ  >  管理人  >  阪神  >  不穏な空気

管理人 さんの日記

 
2012
5月 21
(月)
00:42
不穏な空気
前の日記 次の日記 カテゴリー  阪神
タグ 
本文

甲子園球場では7回裏の阪神の攻撃の前にファンファーレに合わせてジェット風船を飛ばすという神聖な儀式がある。

7回表が始まると、阪神ファンは色とりどりのジェット風船を膨らましはじめる。

中には空気を入れすぎたりして破裂させる人もいるが、それらも含めて恒例の儀式だ。

甲子園の野球中継で7回表に時々パン!という破裂音が聞こえるが、それはジェット風船が破裂した音だ。

 

さて、今日の試合でも7回になると一斉にジェット風船を膨らましはじめた。

阪神の投手は筒井…、まあ、いつもどおりならあっさりと3人で片付けてくれるでしょうという期待があったのは確かだ。

ところが…その筒井が打ち込まれ、満塁のピンチを作ってしまった。

この辺りから球場には不穏な空気が流れはじめた。

野球中継でも解説者たちが口々に投手交代を叫び、球場でもファンたちは「交代した方がええんちゃうの?」とささやきはじめた矢先、楽天の選手が外野手の頭を越える打球を打ってしまった。

頭を越えた瞬間にどこからともなく風船が飛び始め…。

情けない話だが、痺れを切らした一部の阪神ファンがブーイングの意味もこめて風船を飛ばしたのだ。

もちろん試合は中断されるし、明らかにマナー違反。

隣に座っていた姉ちゃんたちは、口々にマナー違反を厳しく指摘していた。

こんな当たり前の考えを持っている人が大部分なんだと思うとなんだかほっとした…。

本来は7回裏にグランドに飛び込んだ風船を拾うためのスタッフがたくさん集合して行われる儀式なのだが、ハプニングにボールボーイが拾いに走っていた。

ちなみに私がいたブロックでは、ふがいない試合に対して抗議の意味もこめて風船を飛ばさない人たちが多かった…。

結局、7回表はリリーフをした鶴が締め、無事風船飛ばしは行われた。

ふがいない試合とぼやきつつも、9回表には調整登板とはいえ球児が登板し、9回裏には焼け石に水とはいえブラゼルがツーランを打った。

そのことで満足することにしよう…。

閲覧(4670)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
カレンダー
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
カテゴリー
月表示
Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project | Design by PAGE design lab.
ページの先頭へ移動